5月23日(金)に、弊社の20周年記念イベントを開催しました。

 

当日は全国各地から約200名の方にお越しいただき、

おかげさまで大変にぎやかな会となりました。

 

お越しくださった方も、残念ながら来られなかった方も、

皆さま本当にありがとうございました!

 

あっという間に1週間以上たってしまいましたが、

イベントの様子をアップしていきたいと思います。

 

 

受付の様子です。

 

entrance

 

お花をたくさん頂戴し、ありがとうございました!

おかげさまで入り口がとても華やかに。

 

flowers

 

受付の脇にはフォトブースをご用意しました。

社長の等身大パネルと一緒に写真が撮れま~す。

オカッテ店員バージョンと、さすらいの出張バージョンの2パターン。

 

S-032-20140523

 

出張バージョンは腕も組めちゃいます♡

 

2shot

 

 

 

イベント前半の1時間は研修。

「感性と経験」の良品工房に、

ゲストスピーカーの方々がインテリジェンスを加えてくださいました!

 

基調講演は株式会社三越伊勢丹研究所の裏谷さん。

 

S-036-20140523

 

良品工房が掲げるテーマ

「Think globally, Eat locally」

という題でお話しいただきました。

地球規模で考えて、小さな力で大きく物事を動かしていく。

私たち一人一人が最小の力で最大の効果を発揮する

「てこ」の役割をしていきましょうと語ってくださいました。

 

 

続いては、良品工房の新しい取り組み、

「買いたくなるいいもの研究所」 の発表です。

元良品工房スタッフで今もいろいろとお力をお借りしている

川原研究員と、われらが上垣研究員が

「地域商品のジャムに期待されていること」の調査結果(要約版)を報告しました。

 

S-038-20140523

 

研究所では調べてほしいことや、一緒に調べたいことを募集中です!

 

 

最後は島根県産業技術センターの永田さんのお話。

食べ物の「味」を数値化する「味覚センサー」を使って、

おいしさの根拠を科学的に示します。

 

永田さん

 

いちごジャムも測定していただいた結果、

ナショナルブランド商品(NB)は非常にうまく味のバランスを

とっていることがわかりました。

一方で良品工房のモニタリングで高評価を得た

とある地域商品のジャムはNBの「王道値」からは大きく外れた味で、

地域商品の目指す一つの方向が見えました。

 

S-041-20140523

 

「ドレスコード」の蝶ネクタイやコサージュでおしゃれした 参加者のみなさんも真剣な表情です。

 

 

 

20周年イベントレポート、「②パーティー編」に続きます!