今日からニッコリーナで「黒潮町缶詰製作所展」が始まりました!

こちらのブログでも、黒潮町の取り組みについて紹介したいと思います!

 

 

風景1

 

高知県黒潮町は海辺の、のどかな漁師町です。

カツオの一本釣り漁が盛んで、漁獲高はなんと日本一。

浜辺をそのまま美術館に見立てて行う「Tシャツアート展」には

県外からもたくさんの観光客が来ます。

 

Tシャツアート展

 

そんな町に2年前、衝撃的な数字が突き付けられました。

 

34m。

 

「南海トラフ大地震が起きたら、黒潮町には日本一高い津波がくる」

 

この予測が出て、新築の予定をとりやめたり、転出したりする

住民が増えてしまいました。

 

でも、町をあきらめたくない!

そんな思いでプロジェクトチームを結成。

商品づくりの専門家、地域のプランナー、良品工房も加わって

黒潮町に缶詰工場をつくることが決まりました。

「仕事が生まれるし、備蓄にもなるし、地域の特産品は活かせるし、一石何鳥!?」

というわけです。

 

 

工場外観1

 

 

まったくゼロからのスタートでしたが、他の地域の缶詰工場を視察に行ったり、

気仙沼に行って震災時の状況を教えて頂いたりして、

この春、ついに商品が完成しました!

 

 

top_34photo04

 

ロゴは「34m」の旗です。

「あきらめないぞ!」という気持ちが詰まっています。

 

 

LABOマーク - コピー

 

缶詰はもちろん備蓄にはなるけれど、「非常食」ではなく

毎日たべたい「日常食」を目指しました。

 

DSC_0031

かつおときのこのトマト煮 (2)

 

 

「サワラと筍のアヒージョ」

とか、

「トマトで煮込んだカツオとキノコ」

など、

商品名だけでもおいしそうでしょ!?

 

さらに、気仙沼で伺った

「食物アレルギーがあって、配られた救援物資がたべられなかった」

というお話から、

全商品、原材料に7大アレルゲンを使わずに作りました。

お醤油も米醤油を使っています。

 

レシピづくりも、原料調達も、工場の管理もその分大変でしたが、

販売が始まったときの喜びも大きく

 

写真

 

じゃん!

工場のみなさんが引き継ぎノートにこんな風に書いてくださっていました。

販売する私たちも嬉しくなります。

 

 

黒潮町の缶詰、ぜひニッコリーナに見に来てください!