2018年最初の社員食堂は、

宮城県塩釜市の蜂屋食品さんからお取り寄せしたキャベツたっぷり餃子です。

 

※社長が料理をする隣で、研修中の私たち。餃子の良い香り~!

 

ホットプレートに、餃子をぎゅうぎゅうに敷き詰めて焼きますが、

社長いわくポイントは「お湯」を入れて蒸し焼きにすることだそう。

お水ではなく、お湯です。

 

◆今月の献立

・宮城県塩釜市から蜂屋食品さんの「はちやの餃子」
・社長&さやかさんで作った春雨サラダ
・牛蒡と切り干し大根のきんぴら(栃木県ベジファームさんの野菜で)
・静岡県カネジョウさんの干し海老とネギ塩こうじのスープ
・あまおうのお汁粉

 

 

 

社長特製・こしあんに苺(あまおう)のお汁粉です。私の実家では、粒あんのお汁粉を食べていたので、こしあんのお汁粉は初めて。苺大福のような味わいで、これもおいしい~!地域によって異なるという説もあるようですが、みなさんは「こしあん派」ですか、それとも「つぶあん派」ですか?

 

(報告:星川)